デートクラブの高収入バイトで特別な人に会う

交際クラブを利用したことで普段の日常や仕事では、まずあうことができない階級の人達と交流をすることができたのでそれが良かったです。

自分も一応そこそこの会社に勤めているのですが、それだけに経営陣となると、同じ会社にいてもまず接するようなことのない雲の上の存在でした。

そのため、この人達は一体どのような生活をしているのだろうかと不思議でした。

それが交際クラブを利用することによって、そのような階級の人達と接することができて、とても刺激を受けることができたのです。

色々な人達との交流でわかったことは考えいることはあまり一般人とは変わりはないことでした。

仕事や専門の分野ではすごい能力を発揮することはわかりますがひとたび仕事から離れたら普通の人と全く同じ事でした。

最初に利用を始めた理由というのは、単純にデートクラブは高収入バイトのお小遣い稼ぎだったわけなのですが上流階級の人たちと接することができたというのはお金以上に価値のある経験だと思いました。

今では違う業界ではありますが会社を経営している人とプライベートでも交際をするまでに発展して、自分ももしかするとこのまま雲の上だと思っていた世界に入ることができるかもしれない状況になっていて、わくわくしています。

仕事のスキルアップにも繋がりますし個人的に富裕層の人達との交流がビジネスにも繋がることも期待出来ます。

また普段はきりっとしている人が二人だけになると凄い甘えてきたりした時はそのギャップに驚かされた事もありました。

男性は心を許した相手にはすごく本心を見せてくるのでそこがとても可愛いなとも思いました。

中にはベッドを共にした大手の会社社長さんはとても変わった趣味があり部屋でわざわざ手荷物で持ってきた女性用の服に着替えて女装をしだしたんです。

そして何処が女性らしくてどこが女性らしくないのかを質問されました。

私はそれは脚の太さや肩幅や骨格が基本的に違うのですぐにわかってしまうと伝えました。

その社長さんは今度はもっと着飾ってメイクも腕を上げて一緒に街を歩きたいと言っていました。

私だけが知るその方の秘密ですが女性であること嬉しく思い少し優越感に浸っている自分がいました。